鹿児島県から横浜市への引越し見積もり 相場&安い業者選び

鹿児島県から横浜市への引越しを予定されている方へ、このページでは
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しにかかるお金のことなんですが、引越しの料金表みたいなものはあるのでしょうか?引越し各社の見積を比較してみて、引越し業者を決めるのが賢明かと思います。引越し料金は、業者によってかなり違ったりします。まずは見積もりをもらって比べてみてやっとどの引越し会社が安いか、値段だけでなくサービス内容についても比較検討することができます。引越し前に見積もりをするのは、ふつうどこの業者でもそうしています。引越し料金を見積もりしてもらうには、電話かメールなどの方法で引越し業者に見積もり依頼をします。引越し会社の人が家に来て、実際の荷物の量などを見て料金を計算してくれます。引越し見積もりの計算のやりかたは、だいたいどこでもいっしょではないかと思いますが、荷物の量が全体でどのくらいになるのか、その中で特に大きな荷物があるかもチェックします。そして新しい家までの距離ですとか引越し先の搬入経路の確認など、など考慮して見積もり金額を計算します。見積書をもらったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じようなものだったら、各社の価格の違いというのがわかりますし、価格に差がなくてもサービスの違いを知ることができますから引越し見積もりは比較をして選ぶことで、値段もやすくてサービスの良い引越し会社がわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金がどうなっているのかということについてなんですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。最初に運送費についてなんですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。何トンとトラックを使用することが必要なのか、引越しをするために必要な作業量新しい家までの距離はどのくらいあるのかで引越し料金は変わってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は高くなりますし、さらに、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は増額になりますし、それから、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、その他人件費についてですが、これは作業に必要なスタッフのことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。そして梱包費と交通費については梱包費は主に、梱包のための材料費であるとか梱包作業になります。交通費については下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。そして、保険料に関しましては保険の有無については注意しておきましょう。事故などがあった場合には、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますからよく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。インターネットでの引越し見積もりの方法はといいますと、インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、一度入力をするだけで同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがそれによって比較をしてお得な業者をみつけることができます。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、一度に沢山の引越し業者の見積もりがわかるとあって多くの人が利用するようになってきているようです。ただ、オンラインの見積もりはあくまで概算見積もりの範囲であり、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際に訪問してもらって見積もりをしてもらわなければなりません。一括見積り比較を使うことのよい点というをのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。各引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる会社がわかりますから、一番お得な業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってかなり差がありますから、お得に引越しをしたい方はぜひ使ってみるとよいですよ。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金を比較すると業者によってかなり違います。見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところがチェックポイントになるかといいますと、もちろん何を比較するかといえば、まずは、値段を比較するのはそれ以外のサービス内容でも比べておくことが大切なことです。といいますのは、引越しの見積もりをしてもらった場合に、引越しプランが同じであってもダンボールはいくつまでくれるのかとか、布団袋とかハンガーボックスがあるかとかサービスに含まれる梱包用の材料なども各社の見積もりを比較する際には注意してみるとよいでしょう。業者によって、引越しのを依頼をすると何かプレゼント特典があるとか、サービスを行っているところもありますし、タンスの中の衣類などは出さなくてもよい場合もありますし、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越しの見積もりをする場合には、何社かに見積もりをしてもらって、金額やサービス内容を比べてみるのがいいですね。見積を比較することによって、金額ではどの引越し業者が安くて、サービス面ではどこがよいのかといったことが、明確にわかってくると思います。ということですから、引越しの見積もりは1社だけではなくて、何社が比べてみると、どこに頼むのがよいのかわかります。

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越時に家具の防震対策もしてくれるというサービスを行っているところがあります。免震シートや固定金具などいろいろなものを引越業者によって準備しています。一例を挙げますと引越しの際に家具を設置したあとに家具を固定して倒れないようにするような転倒防止用の家具の固定金具もありますし、家具の配置を行う場所に下に滑り止めシートなどを設置しておくというものもあります。引越が終わってしまってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、荷物を配置するときに一緒にできますから合理的ですね。引越の際の防震対策は、各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、それにかかる費用も違っていると思います。各引越し業者のホームページなどに対策の方法や使用する器具などの説明も掲載されていると思いますからそちらで確認をして違いを比べてみるのがよいかと思います。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでできればやっておきたいことですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますからこちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

 

鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
いざ引越しをすることになったらどの引越し業者がいいのかわかりません。引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。全国に支店や営業所があるような大手の引越し業社だったり地元の引越し業者というのもあります。その他、赤帽やいろいろな引越し業者があります。このように引越し業社にはいろいろありますが、どの引越し業者を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。このような部屋に引っ越しをする場合、大手の引越し業社を頼む必要はなくて、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。同じように、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、ほとんどの業者では、単身引越しパックのようなものが用意されていますので、そちらを頼めばわりと簡単に単身の引越しができるのではないかと思います。こんなように、引越し会社は単身なのか家族なのかといったことや考えるのがよいのではないでしょうか。引越し業社を選ぶときには、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、料金について比べるとともに、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最もお得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのは、どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはとても役に立つものではないかと思います。引越し業者のランキングでポイントが高いところは、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。引越し業者のランキングを見ることができるのは、いわゆる、一括見積サイトといわれるようなサイトで、だいたいは掲載されているものです。いろいろなランキングがあったりして、料金が安かった業者のランキングですとかサービスやアフターなどの対応がよい業者や作業スタッフの態度に対する評価や作業の質がどうであったかということの評価によって、評価がされ、ランク付けがされています。これから引越しをしようと考えている人は、見積もりをどこでお願いしようかと迷っているということもあるのではないかと思います。そういう方の場合、このランキングを参考にしてみると、実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、わりと正直な感想が書かれているものが多いので、実際にどうなのかということがよくわかるので、参考にするといいでしょう。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しがどんな内容かによって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例えば、家族で一家そろって引越す場合は、家族の人数が多くなればそれだけ荷物の量も多くなるのがふつうですから、当然、引越しの作業量も増えることになります。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族全員で引越しをする場合は、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者を選ぶという方法があります。小さいお子さんがいらっしゃる場合や、高齢者がいる家庭の引越しの場合には、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、仕事もあるわけですから、帰宅後とか、休日とか仕事のないときにしか引っ越しの準備もできませんので、なかなか進まないと思います。こういった場合に便利なのは、全部おまかせコースとかいうような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し業者とそのサービスを選ぶことで、引越し業者がやってくれるので助かると思います。それに対して、単身引越しの場合は、荷物もそんなに多くないと思いますので、家族の引越しなどの場合と比較すれば、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身引っ越しパックなどがある引越し業者を選べばわりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。一家そろっての引越しと違って、単身の引越しは比較的楽ですから、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというのは各引越し業者が用意しているプランですが、名前やプランの引越し内容は少々違っているかもしれません。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日本通運はゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターの場合はおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社の作業員が荷物の梱包作業から搬出から、搬入まで荷解きもすべて行ってくれるというプロの引越し業者が全部やってくれるパックになっている商品が一般的にそう呼ばれているものです。引越しをすべて任せることができるらくらくパックですが荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、依頼者でなければわからないことです。引越しのらくらくパックのプランで梱包の解体まで含まれているサービス内容であってもダンボールを片付けてくれるだけでそこから先の、荷物の整頓などは自分でします。しかし普通の引越しのプランに比べると料金的には少々割高になると思いますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので時間がない人などではよいサービスですね。小さな子供がいる人などは引越の準備もなかなかできませんから引越しのらくらくパックで引越するのが楽に引越しできてよいですよね。

 

■単身引越し
独身者など自分一人の引越しには、単身引越しパックのようものが便利です。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。自分一人で引越しする場合は、家族プランのようなダンボールなど梱包材の無料サービスといったものもあまり必要ないと思います。それよりも、引越し作業の価格をもっと安くしてほしいと思っている人も多いのではないでしょうか。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、引越し先まで、引越し業者のトラックの助手席に乗って行けるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。単身の引越しには単身の人の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、価格的にもお得になっていると思いますし、無駄がなく引越しのスムーズに進むのではないでしょうか。単身引っ越しパックはいろいろな引越し業者で用意されていると思いますから一度比較してみて単身、学生一人暮らしの引越しプランでこれが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身引っ越しは、家族の引越しのように大変でもないので、お得に、手っ取り早くできてしまうでしょう。

 

■自分で引越し
引越しを自分でやってしまおうと考えている人も特に単身引っ越しの場合などは多いと思います。引越しを自分でやろうと思ったときのよいことや、反対に悪いところについて一応考えておくのももよいかと思います。はじめに、引越しを自分で行うことのいいところはあたりまえのことですが、引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、引越しにかかる費用が安くなります。それから、自分の好きなようにできるので、気分的にらくということもあります。引越し屋さんを手配した場合では、初対面の引越し屋さんのスタッフに、どうするのかいろいろと説明したりあまり他人には見て欲しくない荷物もあったりして、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越しを自分でする場合は、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、楽しいというメリットもあります。引越しを自分で行うとメリットだけでなくこまったところもあります。自分で引越しをするデメリットは結果的には、かえってお金を多く使ってしまったということになることもありがちなのです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事代を出したりお礼をしたり、車もレンタカーなどで借りたりして、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたということもあるようです。その他にも、引越し業者を頼まないでする場合には、引越し業者のように、それを専門にやっているわけではありませんので、引っ越し作業については素人ですから、ケガをしてしまったりですとか、トラブルもいろいろと発生するものです。ということもありますので、引っ越しを自分ですることはメリットもありますがデメリットもありますからその辺も考えてから決めてもよいかと思います。

 

 

鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、鹿児島県から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

鹿児島県から横浜市への引越し 参考データ

鹿児島県、横浜市間の直線距離は約947km

 

■横浜市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
横浜市役所 〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL 045-671-2121 (代表)

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771
泉区・戸塚区・栄区・港南区の一部は 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
横浜市水道局お客さまサービスセンター
TEL 045-847-6262